“論旨”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ろんし87.5%
ゆし12.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“論旨”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「どうも論旨ろんしが、少々唯心論的ぢやありませんかな」と、隣の男がその連れに話しかける。若い教員風の男である。
ハビアン説法 (新字旧仮名) / 神西清(著)
そして論旨ろんしを一転して青年の思想問題に入りかけたが、そのころからかれの言葉は次第しだいにみだれがちになり、またしばしばゆきづまった。
次郎物語:05 第五部 (新字新仮名) / 下村湖人(著)