“うぬぼれ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
自惚68.5%
己惚30.6%
自負0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
といふので、男が持前の自惚から、みんな自分がその忘れられない男にならうと、せつせと通つて来るので、く全盛を極めたさうだ。
をかしいなと思つたけれどちつとは己惚もあるわね。まあ名代へ坐り込んだ。すると女がやつて来て、ありもしない愛嬌を云つてるだらう。
二黒の巳 (新字旧仮名) / 平出修(著)
彼女はその自負を面白がっていた。そしてただ首を振って打消した。彼はなおも強情を張り通した。