“うぬぼ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
自惚72.5%
己惚27.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
おまけに多くの候補者のうちではおそらく自分などは罪の軽い部ではなかろうか——などと都合の好さそうな自惚れを持ったりした。
鬼涙村 (新字新仮名) / 牧野信一(著)
私はのつぶれるほどに驚倒し、それから、不愉快になりました。「自惚れちゃいけない。誰が君なんかに本気で恋をするものか。」
風の便り (新字新仮名) / 太宰治(著)
平中の腹の底には矢張そう云う風な己惚れがあるので、あれ程にされてもなおりず、まだほんとうにはめていなかったのであった。
少将滋幹の母 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
自分だけが国家有用の材だなどと己惚れて急がしげに生存上十人前くらいの権利があるかのごとくふるまってもとうてい駄目なのです。
文芸の哲学的基礎 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)