鬼涙村きなだむら
鵙の声が鋭くけたたましい。万豊の栗林からだが、まるで直ぐの窓上の空ででもあるかのようにちかぢかと澄んで耳を突く。きょうは晴れるかとつぶやきながら、私は窓をあけて見た。窓の下はまだ朝霧が立ちこめていたが、芋畑の向方側にあたる栗林の上にはもう水 …
作品に特徴的な語句
ほう うわ 手前てめ ほう まだ むな あかり あぶ かろ 矮人こびと うるさ 爽々すがすが 仇敵きゅうてき しゃちほこ すべ じわ 向方むこう 阿父おとう さま たく おどか あか はかりごと しか そこな 見聞みきき こぞ そこな ぬぐ たび 胴上どうあげ こわ しお ねら いのしし 玩具おもちゃ 理窟りくつ 畢竟ひっきょう あと 痙攣けいれん こぶ 瘤穴こぶあな かん 盗見ぬすみみ 目指めざ 眼窩がんか 眼蓋まぶた にら 睫毛まつげ べつ 矢面やおもて 碌々ろくろく たた ほこら かく 穴埋あなうめ 空呆そらとぼ うかが すく こも ふけ 聴耳ききみみ ひじ うずくま 鹿爪しかつめ 鷹揚おうよう もず 鮒釣ふなつり 鬼涙きなだ ため 飄逸ひょういつ 頻繁ひんぱん しき うなず 頓着とんじゃく 項垂うなだ もや あら きわ すき ひま 長閑のどか 鋸屑おがくず 鉾先ほこさき 醇々じゅんじゅん かな はる 迂廻うかい 渾名あだな つや いも 自惚うぬぼ
題名が同じ作品
鬼涙村 (新字旧仮名)牧野信一 (著)