“天機”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
てんき100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“天機”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「それはわからぬ。天機てんきらすべからずだそうだ」
魔像:新版大岡政談 (新字新仮名) / 林不忘(著)
だが、それと、そうして、左膳の文によって栄三郎がいかに考え、まさに左膳の言い分を真実ととりはしなかったろうが、今後の処置をどう決したか? ということはしばらく天機てんきのうちに存するとして。
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)