“てんき”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
天気74.1%
天氣15.6%
天機6.1%
天奇0.7%
天癸0.7%
恬熈0.7%
晴天0.7%
転帰0.7%
転機0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一廻くるりとにまはつて前足をついて、棒杭つて、お天気るのであらう、仰向いてた。れるといまにくよ。
化鳥 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
くお天氣には、近江伊吹山まで、かすかにえることがあると、祖父さんがさんにしてれたこともありました。
ふるさと (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)
十有余年崇拝する、都の文学者某君へ、宿望の入門がつて、其のために急いで上京する次第は、何故か、天機らすと云ふやうにも思はれるし、又余り縁遠
貴婦人 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
此火寛文年中しと旧記に見えたれば、三百余年の今においてる事なきは奇中の奇也。天奇す事一ならず、おなじ国の魚沼郡に又一ツの奇火せり。
父蘭軒は前に書を茶山に寄せた時、何かのに長が身上に説き及んで、天癸の新に至つたことを告げたのであらう。長は是年十四であつた。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
足利時代はその太平恬熈の点において、むろん徳川時代に匹儔し得べきものではないが、しかしはたして藤原時代よりも秩序がはなはだしく紊乱しておったであろうか。
明日もお晴天のようですわね。」と彼女は云った。
幻の彼方 (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)
又不幸にして己が或る災難に出合つたとすると、すぐに医者や薬剤師が現れて来て、創や病気の経過を整へてくれ、悪い転帰を取らせぬやうに防ぎ止めてくれた。
復讐 (新字旧仮名) / アンリ・ド・レニエ(著)
法然上人の念仏にふかく帰依して、この転機を職の心に与えてくれた宗教に絶対の信仰をもち、社会政策と宗教とを一体にして、自分の管下を
鍋島甲斐守 (新字新仮名) / 吉川英治(著)