鍋島甲斐守なべしまかいのかみ
問う者が、 (世の中に何がいちばん多いか) と訊いたところ、答える者が、 (それは人間でしょう) と、云った。 問う者が又、重ねて、 (では、世の中に何がいちばん少いか) すると、答える者が、 (それ …
作品に特徴的な語句
反身そりみ 足蹴あしげ 仮借かしゃく 後家ごけ 人非人ひとでなし 大喝だいかつ 目貫めぬき らち 座敷ざしき 海嘯つなみ 催促さいそく 口癖くちぐせ 家作かさく 抵当ていとう 此度このたび 焦々いらいら 愈〻いよいよ 文言もんごん 罵詈ばり 量見りょうけん 祭礼まつり 平伏ひれふ 往生おうじょう 米搗こめつき 露地ろじ 瓦版かわらばん 家鳴やなり 讒謗ざんぼう 渡世とせい 滅茶めちゃ 恟々おどおど 蛇蝎だかつ 最前さいぜん 同心どうしん 血相けっそう 骨折ほねおり 家主おおや 小網町こあみちょう 妊娠にんしん 呪咀じゅそ 御猶予ごゆうよ 水口みずぐち 前差まえざし 念仏ねんぶつ 心中しんじゅう 冗戯じょうだん 中風ちゅうぶ 修繕なお 御神酒おみき 浄土じょうど 草分くさわけ 帳場ちょうば 養女むすめ 持病じびょう 明渡あけわた 道楽どうらく 消滅しょうめつ 真清水ましみず 説得せつとく 御新造様ごしんぞうさま 干鯣するめ 法外ほうがい 養父ちち 借財しゃくざい 吟味所ぎんみしょ 漆掻うるしかき 爆笑ばくしょう 転機てんき