鍋島甲斐守なべしまかいのかみ
問う者が、 (世の中に何がいちばん多いか) と訊いたところ、答える者が、 (それは人間でしょう) と、云った。 問う者が又、重ねて、 (では、世の中に何がいちばん少いか) すると、答える者が、 (それも人間でしょう) と、云ったという話があ …
作品に特徴的な語句
めん あく かい 行燈あかり とも ぼり 転機てんき くく 修繕なお 借財しゃくざい きわ 手前てまえ おろか はず 家主おおや はず 中風ちゅうぶ 見当みあた しら たたみ 男女ふたり はなはだ 漆掻うるしかき 消滅しょうめつ 水口みずぐち うれ ごう 抵当ていとう 戸外おもて 恟々おどおど こわ 御尤ごもっとも 家鳴やなり いや 云々しかじか さむらい 交際つきあい かたき 蛇蝎だかつ 漆棒うるしぼう つぶ 焦々いらいら あお 俯向うつむ 爆笑ばくしょう 父子おやこ 物凄ものすご ねこ 瓦版かわらばん 生命いのち 生活くらし 生涯しょうがい 何時いつ 番太ばんた 異存いぞん あと せがれ 白洲しらす 目貫めぬき 督励とくれい にら 知己ちき ろく 祭礼まつり 米搗こめつき 精励せいれい まぎ くく 縒々よれよれ 仮借かしゃく しば まと 罵詈ばり 美貌びぼう 仕舞しま 老舗しにせ おど ひざ 膝元ひざもと 自害じがい 草分くさわけ 草履ぞうり あお 金棒かなぼう 階下した やみ しきい 門口かどぐち くぎ やしき 道楽どうらく