“勿体至極”の読み方と例文
読み方割合
もったいしごく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
お見受け申せばお二人ながら、どうして立派なお武家様、ふぜいにおりくださるのは、勿体至極もございません。
名人地獄 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
「ああ、勿体至極もござらん。その儀もかねてうけたまわり、老人心魂に徹しております。」
白金之絵図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
あれだけの女が、同じ屋根の下にいるのを、ほんとうに勿体至極もないはなしだ。
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)