“冥加至極”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
みょうがしごく83.3%
みやうがしごく16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
最初討手を仰せつけられたときに、お次へ出るところを劍術者新免武蔵が見て、「冥加至極のことじゃ、ずいぶんお手柄をなされい」
阿部一族 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
品物はしいが、なかなかのお手料理、えてはいるし、冥加至極なお給仕、盆を膝に構えてその上にをついて、を支えながら、しそうに見ていたわ。
高野聖 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
御免なさい。「ハイ。「誠にどうもモウ此度御苦労様のことでございます、うもひやうのない貴方冥加至極のおでげすな。 ...
牛車 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)