“新免武蔵”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しんめんむさし66.7%
しんめんたけぞう33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
最初討手を仰せつけられたときに、お次へ出るところを劍術者新免武蔵が見て、「冥加至極のことじゃ、ずいぶんお手柄をなされい」
阿部一族 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
折々に違っているが、また書などにはいかめしく、新免武蔵政名藤原玄信、と書いたりしているものもある。
随筆 宮本武蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
しかし、その血は、姿こそ変れ、子孫の体に、今もなお生きつつあります。不肖、新免武蔵もその一人です。
宮本武蔵:02 地の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)