“武蔵野”のいろいろな読み方と例文
旧字:武藏野
読み方割合
むさしの98.0%
むさしぬ2.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
認めあれはと問えば今が若手の売出し秋子とあるをさりげなくにたたみすぐその翌晩月の出際武蔵野から名も因縁づくの秋子を
かくれんぼ (新字新仮名) / 斎藤緑雨(著)
丘のすそをめぐるの穂は白銀のごとくひかり、その間から武蔵野にはあまり多くないの野生がその真紅の葉を点出している。
小春 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
武蔵野小岫にしよりろにはなふよ 〔巻十四・三三七五〕 東歌
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)