“小岫”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ぐき50.0%
をぐき50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
房総半島に上り、翁は再び望多ろの笹葉の露を分け進む身となった。葛飾の真間の磯辺から、武蔵野の小岫がほとり、入間路の大家が原、埼玉の津、廻って常陸の国に入った。
富士 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
武蔵野小岫にしよりろにはなふよ 〔巻十四・三三七五〕 東歌
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)