“埼玉”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
さいたま75.0%
さきたま16.7%
さいだま8.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
千葉埼玉、あの大河流域辿旅人は、時々毎日ツは度々出會します。利根んでる。
人魚の祠 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
埼玉の小埼の沼に鴨ぞきる己が尾にり置ける霜を払ふとならし」(巻九・一七四四)、「天飛ぶや雁の覆羽何処もりてか霜の降りけむ」(巻十・二二三八)
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
森久保作蔵といへば埼玉壮士の親分で、自由党以来の強面だが、その森久保に他人の思ひもつかない立派な芸当がある。