“野田武蔵”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
のだむさし100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“野田武蔵”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
中堂金内は、ほどなく松前城に帰着し、上役の野田武蔵のだむさしに、このたびの浦々巡視の結果をつぶさに報告して、それからくつろぎ、よもやまの旅の土産話のついでに、れいの人魚の一件を、少しも誇張するところなく、ありのままに淡々と語れば
新釈諸国噺 (新字新仮名) / 太宰治(著)