“更々”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
さらさら75.0%
さら/\25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
おや、飛んでもない、決して決して! 私は別段そういう風なことを、つまり、あなたのことをとやかくと批評がましく申す筋合いは更々ないのです。
御顕示はわかったが、夏場になれば、茅葭のような強い草でさえ立枯れする。天水は三日ごとに四半刻ほどくださるだけ。山焼けはする。灰は降る。岩山ばかりで、土気というものは更々ない。
藤九郎の島 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
格別に受居しこと成れば勿々以て意趣意恨など有べき樣御座なく候により私しに於て更々みとは存じ申さず候ては格別の御慈悲
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
水のとなし其上此度の大罪私しに於ても何故に右樣所業致し候更々分明申さず候と申立る依て一同へも段々手續尋問に相成翌日又々久八六右衞門兩人を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)