“逆戻”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ぎやくもど40.0%
ぎゃくもど30.0%
ぎゃくもどり20.0%
ぎやくもどり10.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
二度ばかりはお母さまが救ひ出してお上げになつたのですが、しかし自由になるが早いか直ぐに以前の仲間や癖に逆戻りなさるのです。
今ではそれがこうした生活に逆戻りしたくらいであるから、よほど鎮静はしているが、それでもどうかすると昔の熱情がほとばしった。
田舎教師 (新字新仮名) / 田山花袋(著)
柏手を打って鈴を鳴らして御賽銭をなげ込んだ後姿が、見ているにこっちへ逆戻をする。黒縮緬の紋をつけた意気な芸者がすれ違うときに、高柳君の方に一瞥秋波を送った。
野分 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)