“接木”の読み方と例文
読み方割合
つぎき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
接木の古株を見るように、むかし、うまや路で見かけたとでもいう青楼の、面影をいまに顧られるかのような店附を遺した家もございます。
生々流転 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
あなたのクズレた甘さときては、全然不手際な接木のように、だしぬけに猫の鳴声のような甘え方を見せるのだ。
三十歳 (新字新仮名) / 坂口安吾(著)
一ブッシェルでも大したおになろうというような林檎でした! しかし、この広い世界にも、その林檎から接木した木は一本だってないだろうと思います。