“日本家屋”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
にほんかおく50.0%
にほんかをく50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“日本家屋”を含む作品のジャンル比率
技術・工学 > 建築学 > 建築構造100.0%
自然科学 > 地球科学・地学 > 地震学25.0%
社会科学 > 社会 > 社会福祉20.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
以上いじやう略述りやくじゆつしたごとく、日本家屋にほんかをく木造もくざうもつ出發しゆつぱつし、木造もくざうもつ發達はつたつしたのは、國土こくど特産とくさんする豊富ほうふなる木材もくざいのためであつて、地震ぢしんためではない。
日本建築の発達と地震 (旧字旧仮名) / 伊東忠太(著)