“日本一”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
にっぽんいち35.7%
にほんいち35.7%
につぽんいち21.4%
にツぽんいち7.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
日本一の無法な奴等、かた/″\殿様のおなればと言つて、綾錦をさせ、白足袋まで穿かせた上、犠牲に上げたとやら。
二世の契 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
その子はずんずん大きくなって、かがやくほどしくなって、それはねずみのおでだれ一人くらべるもののない日本一のいいになりました。
ねずみの嫁入り (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
「おほせまでもはず、江戸表にて將軍御手飼鳥籠たりとも此上とからむ、日本一にて。」と餘念なり。
十万石 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
でもしますから三ばかり傍道りました大瀧があるのでございます、れは/\日本一ださうですがしうござんすので、十一人つたものはございません。
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)