“幾星霜”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いくせいそう66.7%
いくとしつき16.7%
いくせいさう16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
爾来研磨幾星霜、千葉道場の四天王たる、庄司弁吉、海保半平、井上八郎、塚田幸平、これらの儕輩にぬきんでて、実に今では一人武者であった。
名人地獄 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
道理めし文角ぬしが、今の言葉にが、幾星霜の迷夢め、今宵ぞ悟るわが身の罪障思へば恐しき事なりかし。
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
裝甲現今はれてるハーベー堅硬法したる鋼板くは白銅鋼板等よりは、數層倍彈力性抵抗力する新式裝甲板にて、櫻木海軍大佐幾星霜