“おもむ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:オモム
語句割合
49.9%
37.9%
7.3%
4.0%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ミリエル氏はそこにいた九十五人の司教の一人であった。しかし彼はただ一回の会議と三、四回の特殊協議に出席しただけだった。
それを想うて深く愧ぢ入る次第であるが、今はろに識者の是正を乞ふ暇を持たないため、遺憾ながら手控のままを印刷に附した。
降蔵の話によると、彼は水戸浪士中の幹部のものが三、四人の供を連れ、いずれも平服で加州の陣屋へくところを目撃したという。
夜明け前:02 第一部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
だから、高野は勿論、叡山其他寺々の童子は、昔から信仰に束縛のなかつた慣例から、浄土・一向・融通・時衆などにいた。
そうしてそれを知っている者は、私の親友、殿の客分天野北山一人だけである。いて訊ねるもよいだろう。私は今死を急ぐ、それについて語ることは出来ない。下略
八ヶ嶽の魔神 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
父母の生みなして、死ぬれば、その永く幽界きおるを、人これを祭れば、来たりることと、ありのままに心得おりて、ちにその上を穿鑿でもあるべきものなり
通俗講義 霊魂不滅論 (新字新仮名) / 井上円了(著)
大泊村の海岸へいた、鴛泊から西の方に当って、おおよそ五、六丁位の所である、人家は格別沢山もないが、所々に漁業をなすものの家が幾軒ずつか散在している位である
利尻山とその植物 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
ぐの孤児戦場に
八犬伝談余 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)