“おもむき”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
91.6%
2.4%
風趣1.2%
趣味1.2%
0.8%
趣致0.8%
情趣0.4%
旨趣0.4%
0.4%
興趣0.4%
趣意0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
んでも無用なる御台場相俟つて、いかにも過去つた時代の遺物らしく放棄された悲しいを示してゐる。
水 附渡船 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
幸いに植物が好きであったために、この九十二歳になっても、英気ぼつぼつ、壮者をしのぐがある。
夜更にひとりかへる殘月のあしたに渡る夏の朝、雪の日、暴風雨の日、風趣はあつてもはなしはない。平日の並のはなしのひとつふたつが、手帳のはしに殘つてゐる。
佃のわたし (旧字旧仮名) / 長谷川時雨(著)
鳴き渡る音も趣味ある不忍の池の景色を下物のほかの下物にして、客に酒をば亀の子ほど飲まする蓬莱屋の裏二階に、気持のよさそうな顔して欣然と人を待つ男一人。
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
手引とし金子才覺致させんには調達すべき事もあらんと云にに其儀に密々用意して天一坊と大膳の兩人は長洞村を出立し信州下諏訪へとたりく遠藤屋彌次六方へ案内先年の事を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
いずれ趣致なきはなけれど、ここのはそれらとはりて、巌という巌にはあるが習いなる劈痕皺裂どなくして、光るというにはあらざれど底におのずからを含みたる美しさ
知々夫紀行 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
かくの如き溝泥臭い堀割とった木の橋と肥料船や芥船棟割長屋なぞから成立つ陰惨な光景中に寺院の屋根を望み木魚と鐘とを聞く情趣
忠八は涙とに聞終り御意の旨委細まり奉つり候お花樣には屹度御目に懸り此二品を御渡し申御遺言の旨趣も御傳へ申すべし然れど吾助未だ遠くは參るまじ追止て恨みを報ぜんと追取立上るを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
日本の油畫ではややふるくは久米氏の稻村の畫、山本森之助氏の山麓の農家の畫、それから一昨年かの白馬會の跡見泰氏の田圃の畫の外にはかう云ふを寫したのは見ない。
海郷風物記 (旧字旧仮名) / 木下杢太郎(著)
外国人の大きな曲馬団が来て、天幕を張り、夜になると太いを積みあげて炎をたてるのが、下町そだちの子供に、どんなにエキゾチックな興趣を教えこんだであろう。
まれ其後五ヶ年の後九助江戸より歸國の藤八方へ一致せし時私しも藤八方に居不思議に再會仕つりしかど其節は途中にて胡麻灰に出合九助難儀致す趣意に付金子のことに心ひ仕つり居り先年の禮さへ熟々申候間合御座なく候まゝ不義など致し候事は
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)