“おおむね”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
大棟25.0%
大概25.0%
大約25.0%
25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
大棟おおむねの両端にある鴟尾しびのはね返った形や、屋根の四隅くだむねの末端にある鬼瓦の巻き反ったようにとがった形が
古寺巡礼 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
ひどく寸のつまっている大棟おおむねも、この夜は気にならず、むしろその両端の鴟尾しびの、ほのかに、実にほのかに、淡い金色を放っているのが、拝みたいほどありがたく感じられた。
古寺巡礼 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
「そういう無道の人間を自分から好んで引き取ったお三婆という女も、ろくな者ではあるまいぞ。きっと婆は五右衛門めに、法術を伝えるに違いない。そしてこのわしに向かわせる気じゃ、大概おおむね寸法は知れておるわい」
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
「偉大なる結論というものは、大約おおむね短いものだ」
科学者と夜店商人 (新字新仮名) / 海野十三佐野昌一(著)
その書は随時世人せいじんを啓発した功はあるにしても、おおむね時尚じしょうを追う書估しょこ誅求ちゅうきゅうに応じて筆を走らせたものである。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)