“鴟尾”の読み方と例文
読み方割合
しび100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その代り又何處からか、たくさん集つて來た。晝間ると、その鴉が何羽となく輪を描いて高い鴟尾のまはりをきながら、飛びまはつてゐる。
羅生門 (旧字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
ひどく寸のつまっている大棟も、この夜は気にならず、むしろその両端の鴟尾の、ほのかに、実にほのかに、淡い金色を放っているのが、拝みたいほどありがたく感じられた。
古寺巡礼 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
その代りまたがどこからか、たくさん集って来た。昼間見ると、その鴉が何羽となく輪を描いて、高い鴟尾のまわりを啼きながら、飛びまわっている。
羅生門 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)