“鴟”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ふくろう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
自分は飯綱の法を修したが、遂に成就したと思ったのは、どこで寝ても夜半になるとふくろうが屋根にきて鳴くし、また路を行けば必ず前に旋風が起ったというのである。
露伴先生と神仙道 (新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)
自分は飯綱の法を修行したが、遂に成就したと思ったのは、何処どこに身を置いて寝ても、寝たところのの上に夜半頃になればきっとふくろうが来て鳴いたし、また路を行けば行く前には必ず旋風つじかぜが起った。
魔法修行者 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)