“怪鴟”の読み方と例文
読み方割合
よたか100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
夜になるとお宮のわきの坊主の木へ怪鴟が二羽もきてぐわっぐわっと喉を鳴らしながら闇のなかをりまわる。
島守 (新字新仮名) / 中勘助(著)
怪鴟の声、波の音。
島守 (新字新仮名) / 中勘助(著)