魔法修行者まほうしゅぎょうしゃ
魔法。 魔法とは、まあ何という笑わしい言葉であろう。 しかし如何なる国の何時の代にも、魔法というようなことは人の心の中に存在した。そしてあるいは今でも存在しているかも知れない。 埃及、印度、支那、阿剌比亜、波斯、皆魔法の問屋たる国〻だ。 真 …
作品に特徴的な語句
よすが りょう けがれ しょう 理合りごう しも たたかい 禁厭きんえん ふく ただち かく 旋風つじかぜ 浴衣よくい あれ 高天こうてん しゅ くら おびやか 低頭ていとう 修法じゅほう はた おこな こうむ うらない 実生みばえ だん 如何いかが むすめ えん つっ じゅ あめ おち さい おのれ 野干ヤッカル すぎ 凝固こりかたま もく くれない えき はい がた 文句もんぐ ひそか おもい かた 転行てんこう 聚落じゅらく 神幸みゆき 奇特きとく 天部てんぶ 神代じんだい 所為しょい おおい 字面じめん たしか 拠所よりどころ ふる 掃清そうせい 矢叫やさけび くじ 噉食かんしょく よろこび 問屋といや とう 咒詛じゅそ じゅ やわ ちかい うたがい それがし 稲生いねな のち 一存かずまさ かみ くだ きたな 弓箭ゆみや 飯綱いいづな ころ ぶつ ならび 御名おんな あらた 何程なにほど 使つかい さん ゆる いにしえ 末木すえき から