“咒”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
のろ61.8%
じゅ11.8%
まじな11.8%
まじない8.8%
じゆ2.9%
のろい2.9%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“咒”を含む作品のジャンル比率
哲学 > 心理学 > 超心理学・心霊研究9.1%
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 民間信仰・迷信[俗信]8.0%
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸3.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「悪党よ、のろわれておれ! ……ああ俺は一文なしだ。俺はみんな献金してしまった。どこへ行こうにも行かれない」
神州纐纈城 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
しかも教団の人々は、それに備えようともしなかった。彼らは議論し、やっつけ合い、のろいの言葉を浴びせ合った。
神州纐纈城 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
こんな時こそ、“神行法しんこうほうじゅ”がものをいって、梁山泊中、飛走の術ではこの人の右に出る者はない。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
さてはこれも一清の妖術攻勢だなと、高廉は必死なじゅを行ってみたが、さっぱり自分の破邪はじゃいんにはき目がない。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
用法ようはう詳ならずと雖も、おそくは身のまもり又はまじなひの具などならん。
コロボックル風俗考 (旧字旧仮名) / 坪井正五郎(著)
「何とか伝の何章とかいう文句は、なんのまじないの文句だい?」
復員殺人事件 (新字新仮名) / 坂口安吾(著)
「いや。四大の身を悩ます病は幻でございます。ただ清浄な水がこの受糧器に一ぱいあればよろしい。まじないで直して進ぜます」
寒山拾得 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
いったい昔から生蕃が出草(首伐り)するのには、例えばまじないのためであるとか、仇敵関係に在る他種族に復讐するためであるとか、狩場の争いのためとか、いろいろな理由がある。
霧の蕃社 (新字新仮名) / 中村地平(著)
わし陀羅尼だらにじゆした。
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
家は沈黙ののろいにみたされ、この家族は枕を並べて厭世自殺をとげるであらう。