“咒”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
のろ61.8%
じゅ11.8%
まじな11.8%
まじない8.8%
じゆ2.9%
のろい2.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
したがって彼らが戦後の諸事諸相をい戦時の遺制に最大の愛着をもつのは当然の話であろう。特に天皇制こそは彼らにとって至上のものであろう。
従って日本においても修験道の所為など道家くさいこともあり、仏家が「九字」をきるなど、道家のを用いたり、符籙の類を用いたりしている。
魔法修行者 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
これは恋のいの蠑螈。……数負さまが阿波屋に居候になっているのを嫌がられて、どうでも立退くとおっしゃいます。
顎十郎捕物帳:24 蠑螈 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
「いや。四大の身を悩ます病は幻でございます。ただ清浄な水がこの受糧器に一ぱいあればよろしい。で直して進ぜます」
寒山拾得 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
家は沈黙のにみたされ、この家族は枕を並べて厭世自殺をとげるであらう。