“のろ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ノロ
語句割合
60.9%
10.5%
6.0%
5.4%
4.4%
3.6%
呪詛2.8%
1.6%
呪咀1.4%
1.0%
祝女0.6%
咒咀0.4%
0.4%
能呂0.2%
咒詛0.2%
0.2%
遅鈍0.2%
遲鈍0.2%
野呂0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この両の手が血で赤くなった時を想像して見るがい。その時のは、己自身にとって、どのくらいわしいものに見えるだろう。
袈裟と盛遠 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
昨日まで机を並べて勉強した学友の就職を傍観して、むなしく世を恨み、自己わねばならぬのです。なんたる悲惨なことでしょう。
融和促進 (新字新仮名) / 喜田貞吉(著)
仕事はいが、挽賃が安いので、その邊の山に住む人達は、何哩もの遠くから、石でゴツ/\した道も厭はず、彼のへ穀物を運んで來た。
水車のある教会 (旧字旧仮名) / オー・ヘンリー(著)
我言に背いて禁菓を食ひたれば、土は爾の為にはる。土は爾の為に荊棘を生ずべし。爾は額に汗して苦しみて爾のパンをはん」
草とり (新字旧仮名) / 徳冨蘆花(著)
「悪党よ、われておれ! ……ああ俺は一文なしだ。俺はみんな献金してしまった。どこへ行こうにも行かれない」
神州纐纈城 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
読者中病身の細君を親切に看護する者あれば、これをめる者があると同時に、彼奴いと批評された経験もあろう。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
果しなく猶予っているのを見て、大方、それまでに話した様子で、後で呪詛われるのを恐れるために、立て得ないんだと思ったらしい。
星女郎 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
大きさは鉄嶺丸とほぼ同じぐらいに思われるが、船足がだいぶいと見えて、しばらくのにもうこれほどつかれたのである。
満韓ところどころ (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
自分の醜い宿命を真正面から見るということも、自分のような呪咀われた者には、時あって必要な事かも知れない。
神州纐纈城 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
これから百々村へ出まして、与久村から保泉村へかゝりますと、駕籠より馬の方が余程れましたから、心はけど馬はく、より来る男は遅く、姿は見えません。
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
勢理客祝女が、あけしの祝女が、りをささげて、雨雲を呼び下し、武士の鎧を濡らした、武士は運天小港に着いたばかりであるのに、祝女は嘉津宇嶽にかかった雨雲を呼び下して
土塊石片録 (新字新仮名) / 伊波普猷(著)
時々いものがスツスツとるが、だか人間だか差別がつかぬ……客人つた、つた、とけるく、く、く、また咒咀る……
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
わしき山々の上にありて
夏の花 (新字新仮名) / 原民喜(著)
一と山越えてその先のが荒川、最も遠いのが能呂川に当るのである、鮎差峠の頭もちょっと見えた。
白峰山脈縦断記 (新字新仮名) / 小島烏水(著)
一塊は恐ろしくっている、そうして四辺に山もないように、この全体が折烏帽子形に切ッ立って、壁下からは低い支脈が、東の谷の方へと走っている、能呂川があの下から出るのだと
白峰山脈縦断記 (新字新仮名) / 小島烏水(著)
あまつさえ、身のほどをえずして、百四、五十里、二百里近く離れたままで人を咒詛う。
多神教 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
井戸かつたのか、それとも自分ちるのがめてかつた所爲か、つてからりを見廻し、此先うなるだらうかとしたには隨分ちました。
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
福太郎は元来何につけても頭の働きが遅鈍い割に、妙に小手先の器用な性質で、その中でも大工道具イジリが三度の飯よりも好きであった。
斜坑 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
権三の異名は木菟といった。いつも昼間がしそうで野呂ッとしている顔つきは、いっこう忍ノ者らしくない。
私本太平記:06 八荒帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)