融和促進ゆうわそくしん
この小冊子はいかにして融和を促進すべきかということを主として説述したもので、いわゆる特殊部落民なるものは、決して普通部落民と筋の違ったものではなく、ただ昔の落伍者のある者が、その択んだ職業によって、当時の社会の迷信と、階級的意識の犠牲となっ …
作品に特徴的な語句
偶然ひょっこり 暴露あらわ 基礎もとい 外面うわべ わずら さま 依頼たよ おく うる 覊絆きずな いつ 方寸むね いや 距離へだたり 当時そのころ 雑談はなし さと もと えき なん 書信てがみ 何故なにゆえ はさ 戯言じょうだん あわれ 比喩たとえ たまもの 漸次しだい ため しつ ともがら 弁疏いいわけ 真摯まじめ 継娘ままこ いとぐち 報償つぐない いや 自己おのれ 表面うわべ まも おそ さげす 裏面うら 理由わけ ほか さわ 言語ことば のろ うち かろ ことば うつ 長吏おさやくにん まじ かしら 頭分かしらぶん 顧客とくい たの ほこり 壟断ろうだん 各自めいめい 天部あまべ めと ほふ 強請ゆすり 当初はじめ 切取きりとり つぐな あなど はか 聳動しょうどう 悪戯いたずら 使嗾しそう はばか 昨日きのう 何人なんぴと くら 無辜むこ 喋舌しゃべ 生活くらし つく 仮面めん 他人ひと