袈裟と盛遠けさともりとお
夜、盛遠が築土の外で、月魄を眺めながら、落葉を踏んで物思いに耽っている。 その独白 「もう月の出だな。いつもは月が出るのを待ちかねる己も、今日ばかりは明くなるのがそら恐しい。今までの己が一夜の中に失われて、明日からは人殺になり果てるのだと思 …
作品に特徴的な語句
一時いちどき 可愛かわゆ おわ わたる ことな さいな もと おも いやし うしろ にくし いまだ やさ もく かたき 傀儡くぐつ きずつ つぐの しお かな そその まった 差支さしつか おれ こわ 恋歌れんか みさお 生々いきいき 甲斐がい はずかし 一図いちず うち 乳母うば 今様いまよう 何故なぜ 光沢つや 内気うちき 凌辱りょうじょく 刹那せつな 化粧けしょう いや 口惜くや 口髭くちひげ 否応いやおう のろ わら おし あざけ ささや 大方おおかた 姦婦かんぷ いや 己惚うぬぼ 帳台ちょうだい もてあそ あと 復讐ふくしゅう 悶々もんもん 憐憫れんびん 成程なるほど いだ 揚句あげく 明日あす かさ 暴露ばくろ さら 月明つきあかり 月蝕げっしょく 月魄つきしろ おぼろ 未練みれん けが 流石さすが 浅間あさま みだ あふ 無明むみょう 煩悩ぼんのう 片靨かたえくぼ もの なお 痕跡こんせき らい 盛遠もりとお 築土ついじ 羽目はめ そむ 落葉おちば しとみ さげす てら 衣川ころもがわ 袈裟けさ 見透みとお のぞ