“挽賃”の読み方と例文
読み方割合
ひきちん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
仕事はいが、挽賃が安いので、その邊の山に住む人達は、何哩もの遠くから、石でゴツ/\した道も厭はず、彼のへ穀物を運んで來た。
水車のある教会 (旧字旧仮名) / オー・ヘンリー(著)