“咒縛”の読み方と例文
読み方割合
じゅばく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
というよりは、帝のおちつきぶりと思いあわせて、全身、咒縛にかかったような恐怖にすくんでしまった以外のものではない。
私本太平記:06 八荒帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
せの通りにござります。私とそして青竜二郎とで、芳江姫を最初に奪い、それから市之丞殿を咒縛したまま担ぎ出しましてござります」
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
じぶんでそうであってはならないと心を励ましても、その力がまるで咒縛されているように、すうっと抜けてしまうのだ。きっとマヌエラ、これは魂を悪魔の尿溜に奪われたのだろう。
人外魔境:01 有尾人 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)