“符籙”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ふろく60.0%
かじふだ40.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
従って日本においても修験道の所為など道家くさいこともあり、仏家が「九字」をきるなど、道家のを用いたり、符籙の類を用いたりしている。
魔法修行者 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
さては妖怪にったと急いで相集まり、印環と強勢の符籙り付けた鎖を、乞食体の真王に渡し、導いて宮に入ると、今まで王位に座しいたアスモデウス大いに叫んで逃れ去り
「そうだね、玄妙観へ行って、魏法師に頼むより他に途がないね、魏法師は、の開府王真人の弟子で、符籙にかけちゃ、天下一じゃ」
牡丹灯記 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
「そうだね、玄妙観へ往って魏法師に頼むより他にがないね、魏法師は、開府王真人の弟子で、符籙にかけては、天下第一じゃ」
牡丹灯籠 牡丹灯記 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)