“符號”のいろいろな読み方と例文
新字:符号
読み方割合
ふがう66.7%
ふちやう33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「この電報つてた。巖谷だ、局待にして、返辭つてるんだよ。ぐんだよ。」で、で、局待ふと、局員字數へて、局待には二字分符號がいる。
春着 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
片側のまばら一重に、ごしや/\と立亂れ、け、き、れた石塔の、横鬢へ、胡粉く、さま/″\な符號がつけてある。卵塔場移轉準備らしい。
深川浅景 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
含みて夫は職人衆符號にて其なげしと云は下帶の事なりくぢらとは鐵釘の事股引をばと云ふ是れ皆職人衆の平常に云ふ符號詞なりと能々
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)