“下帶”のいろいろな読み方と例文
新字:下帯
読み方割合
したおび80.0%
なげし20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
下帶一つで曲者を追つかけて外へ飛出すわけにも行かず、飛出したところで刄物も何んにも無し、こんな困つたことは無かつたよ
含みて夫は職人衆符號にて其なげしと云は下帶の事なりくぢらとは鐵釘の事股引をばと云ふ是れ皆職人衆の平常に云ふ符號詞なりと能々
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
廻りけるに或時神田紺屋町の裏長屋をりしが職人體の者五六人にて酒をる處へ例の通りていねいに口上をやで御座り升と云に職人は酒機嫌にて屑屋さん下帶ねへか紙屑のりに鐵釘
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)