“酒機嫌”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
さけきげん50.0%
さかきげん50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
立出九郎兵衞は殊の外の酒機嫌にて踉々蹌々とし乍ら下伊呂村れへ來掛りし頃は亥刻に近くて宵闇なれば足元もくお里は大いに草臥しと河原の石にを掛るに九郎兵衞惣内も同く石に
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
廻りけるに或時神田紺屋町の裏長屋をりしが職人體の者五六人にて酒をる處へ例の通りていねいに口上をやで御座り升と云に職人は酒機嫌にて屑屋さん下帶ねへか紙屑のりに鐵釘
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
れ行かんと誘引ければ千太郎はしく兩手をつきころなき用事もば勝手が間敷は候得共今日は御免有れと云ひければ大勢は酒機嫌にて聞入ず殊に五兵衞の吝嗇平生みける故と千太郎を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)