“御機嫌”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ごきげん98.9%
おきげん1.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あの女は今夜僕の東京へ帰る事を知って、笑いながら御機嫌ようと云った。僕はそのしい笑を、今夜何だか汽車の中で夢に見そうだ
行人 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「おやこつちのおとつゝあん、くでがしたねどうも、御機嫌よろしがすね」おつたはそら/″\しいつてつた調子でいつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
書かせ給ふは何ならん、何事かの御打合せを御朋友へか、さらずば御母上御機嫌うかゞひの御状か、さらずば御胸にうかぶ妄想のすて、詩か歌か。
軒もる月 (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)