“ごきげん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
御機嫌94.7%
御気慊2.1%
御嫌機1.1%
御気嫌1.1%
機嫌1.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「おやこつちのおとつゝあん、くでがしたねどうも、御機嫌よろしがすね」おつたはそら/″\しいつてつた調子でいつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
『お衣服をお着更になつてから召上つたら如何御座います。』とは主人の窮屈さうな様子を見て、恐る/\言つた。御気慊を取るでもあつた。何故主人が不気慊であるかも知つて居るので。
節操 (新字旧仮名) / 国木田独歩(著)
此通謝罪ますほどに、うぞして、いつもの打解けたせてされ、御嫌機してされとぶるに、さては左樣かとれて、れならば其樣
われから (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
「まア、いい御気嫌ね、ホホッ」
西湖の屍人 (新字新仮名) / 海野十三(著)
「さようなら。ご機嫌よう。」と、に、ただひとりされたのアネモネはいって、見送りました。
花と人の話 (新字新仮名) / 小川未明(著)