“符節”の読み方と例文
読み方割合
ふせつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さうかと言つて、急に此の家を出るといふ話ではなかつたらしく、昨夜のことは、お島や伊八の話と符節を合せたやうに同じです。
「ふウム? ——」と万太郎は金吾と眼を見合せて、自分の踏んで来た径路に符節を合して考えこみました。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
六波羅の陥落と遠い東国の蜂起とが、日まで、符節を合わしたごとくおこなわれたその遠謀のたしかさに
私本太平記:08 新田帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)