“符合”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ふごう72.7%
ふがふ27.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それというのは、この話はすべてその昔に私が見知っている……今はこの世にいない人たちの様子や特別な風習に符合しているからです。
自己の希望がものの符合すればよいが、なかなかそうくゆくことがないから、結局感情にられてすことは、くこととなりやすい。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
その上吉五郎の言葉に少しの誇張もないことは、此處へ來る迄に調べ上げた、平次の準備知識とピタリと符合するのでした。
たる上に又言やう依て主人は大きに驚き其後の始末云々なりと申上れば忠相ぬし然もあらん然もある可しお光が訴へも夫に符合き名を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)