“たいがい”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
大概97.5%
大街0.8%
大槩0.8%
大蓋0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「錢形の親分、お聽きだらう。この男は大層威張つてゐるが、大概こんな野郎は臭いに極つたものだ。遠慮なく洗ひ出して見てくれ」
あぶなく間にあって、彼は、城内大街の灯をまばゆげに、足のうつつもないような歩みだった。するといきなり誰かそのをつかまえて
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
江州のすぐ対岸で、江州府の大街とは絶えず通船が通っており、また黄文炳のような物持ちとなると、これは洒落た自家用船で、いつも江州大城へ出向いていた。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
道衍の言を考うるに、大槩禅宗に依り、楞伽楞厳円覚法華華厳等の経に拠って、程朱の排仏の説の非理無実なるを論ずるに過ぎず。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
晏子り、づ。(五六)(五七)門間より其夫ふ。其夫り、(五八)大蓋し、(五九)駟馬ち、(六〇)意氣揚揚として自得せり。