“おおかた”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
大方91.2%
大騙2.9%
大概1.0%
多分1.0%
多方1.0%
大半1.0%
大形1.0%
大略1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼の無言でいるのを見た伝右衛門は、大方それを彼らしい謙譲な心もちの結果とでも、推測したのであろう。彼の人柄に敬服した。
或日の大石内蔵助 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
大騙りじゃ。針のみぞから天を覗くようなことを言い前にして、金を集めようという、大騙りじゃ」と、中には市九郎の勧説に、迫害を加うる者さえあった。
恩讐の彼方に (新字新仮名) / 菊池寛(著)
さすればその香気が鼻を穿ちて、心魂忽ち空になり、われを忘れて大概は、その罠に落つるものなり。これよく猟師のなす処にして、かの狂言にもあるにあらずや。
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
その功によりて月宮殿より、霊杵霊臼とを賜はり、そをもての薬をきて、今はに世を送れるが。この翁がにゆかば、大概獣類疾病は、癒えずといふことなしとかや。
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
多分小鼻怒らし大胡坐かきて炉のに、アヽ、憎さげの顔見ゆる様な、藍格子の大どてら着て、充分酒にもりながらを知らねばまだ足らず
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
多方もう十兵衛が来そうなものと何事もせず待ちかくるに、時はしく経過て障子の日晷一尺動けどなお見えず、二尺も移れどなお見えず。
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
そのは空に薄雲があって月の光が朦朧としていた。人通りはますますすくなくなって、物売る店ではがたがたと戸を締める音をさしていた。仲店街路大半店を閉じて微暗かった。
水魔 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
なる程きり島つゝじが一にはへて実つくり立し如くきれいなり。其山の大形
「これが所謂清水の舞台だよ。町が大略見えるだろう?」
ぐうたら道中記 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)