“ししゅ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
賜酒46.7%
錙銖13.3%
巵酒6.7%
旨趣6.7%
死守6.7%
詩趣6.7%
諮諏6.7%
錙朱6.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と、後醍醐のご記憶にも、彼の特有な人間臭が、忘れえぬものとしておありらしく、謁見の庭、夜の賜酒にも、道誉は加えられていた。
紅塵万丈の中この一小閑地を残して荒涼たる山間の趣を留む、錙銖を争ふ文明開化なる者に疑ひなき能はざるなり。不折が画く所、未来の神田川、また余輩と感を同じうせし者あるに因るか。
四百年後の東京 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
前半は巵酒 歓楽、学業の荒廃を致さんことを嘆じ、後半は一転して、真楽の自得にありてに待つ無きをいう。伯牙をとして破琴をみ、荘子を引きて不隠を挙ぐ。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
「我国未曽有の変革を為さんとし、朕を以て、衆に先んじ、天地神明に誓い、大いに斯の国是を定め、万民保全の道を立てんとす。衆亦此の旨趣に基き、協心努力せよ。」
彼は生駒の滝の前で、あの黄金メダルを死守した戸倉老人が、賊のためどんなにひどい目にあったかを思いだした。
少年探偵長 (新字新仮名) / 海野十三(著)
自分は武蔵野の美といった、美といわんよりむしろ詩趣といいたい、そのほうが適切と思われる。
武蔵野 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
陛下また宜しくみずからり以て善道を諮諏し、雅言を察納し、ふかく先帝の遺詔を追わせたまえ。臣、恩をうくるの感激にたえざるに、今まさに遠く離れまつるべし。
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
彼の発明の蒸汽船車なり、鉄砲軍器なり、また電信瓦斯なり、働の成跡は大なりといえども、そのはじめは錙朱の理を推究分離して、ついにもって人事に施したる者のみ。
物理学の要用 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)