“足蹴”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あしげ98.4%
キック1.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかし、重苦しく足蹴りに出来ないものは、ってしがない職人である彼自身の内にあった。これもやっぱり一聯の支配者なのだ。
石狩川 (新字新仮名) / 本庄陸男(著)
覚悟したれば身をして、案のごとくをあげたる、彼が足蹴をばしてやりたり。蒲団持ちながら座を立ちたれば、差翳して。
照葉狂言 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
オオミヤクの泥沼で思い切っておれを足蹴した瞬間、はじめて日本の幽霊からぬけだすことができたのだとおれは信じている。
南部の鼻曲り (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
「おれはこうして立っているから、お前はおれの腰骨でも腹でもどこでもいいからどんどん足蹴しながらすこしずつ藻掻きあがるんだ、いいか」
南部の鼻曲り (新字新仮名) / 久生十蘭(著)