霊訓れいくん
解説 第一章幽明の交通とその目途 第二章健全な生活 第三章幽明間の交渉 第四章各種の霊媒能力 第五章幽明交通と環境 第六章夫婦関係 第七章真の宗教 第八章神霊主義 第九章啓示の真意義 第十章進歩的啓示 第十一章審神の要訣 解説 近代の霊媒中 …
作品に特徴的な語句
ゴッド 彩色いろどら サークル かか 平生へいせい あやまち あず いささか 所縁よすが いず たよ 被物ころも みずか 災厄わざわい えい さい いわ みだ だけ くすぶ くみ ひそみ ならび でっ 抑々よくよく 休養きゅうよう にく 戦慄みぶるい あるい 希臘ギリシア のが 呵責さいな もた 泥濘でいねい 無量むりょう 焦慮しょうりょ 片々へんぺん ふる おそ そこな みな 所為しょい 直截ちょくさい 懐中かいちゅう 憐憫あわれみ 穢土えど うれ 心懸こころが 細字ほそじ のち 縦令たとえ きずな 習癖しゅうへき かんがえ きよ 如何いかん 荊棘けいきょく けだ おそれ 囈語げいご おぼ 唱道しょうどう そむ とげ きびす くだ あく 雲霧うんむ よろず しもべ かな あた ちが 百弊ひゃくへい 痴愚ちぐ 頂巓ちょうてん 病臥びょうが 頑陋がんろう はなは 頓着とんじゃく よし すべか