“靜止”の読み方と例文
新字:静止
読み方割合
せいし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
幾百萬の人々は私よりはもつと靜止した生涯に運命づけられてゐる、また幾百萬の人々は彼等の運命につて反抗してゐる。
同教授計算によると、火口から打出されてから山麓海面到達して靜止するまでの平均さは、毎秒二十米以上であつて、最大毎秒百五十米にも
火山の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
勘次さんてえなゝ、ありや勘定にやへえんねえもんだんべか」と呶鳴つたものがあつた。唐突發言靜止して彼等威勢拍手した。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)