“諸種”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しよしゆ33.3%
しょしゅ33.3%
すべて16.7%
もろもろ16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
、三十七齒輪車噛合ひ、吸鍔桿曲肱方位盤たる諸種器械複雜め、聯成式蒸氣機關るやうである。
産土があって、生死疾病諸種災難等守護ってくれればこそ、地上人間めてそのその生活めるのじゃ。
工場の中も荒れていて高く塵が積もっていたが打見たところ諸種の機械は各自その位置に在るらしかった。
物凄き人喰い花の怪 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
諸種の機械の運転は止まり香の鋭い香水の液も漏斗から一滴も出ないようになった。
物凄き人喰い花の怪 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)