“噛合”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かみあ90.9%
かみあひ9.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
突当りにきば噛合かみあうごとき、小さな黒塀の忍びがえしの下に、どぶから這上はいあがったうじの、醜い汚い筋をぶるぶると震わせながら
売色鴨南蛮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
それは、兵部の娘の声であります。この女性の声が乱闘の中へ流れ込んだものですから、それで獣の噛合かみあいのような渦巻がいくぶん緩和されたものでありました。
大菩薩峠:34 白雲の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
すると、取憑とッついた男どもが、眉間尺みけんじゃくのように噛合かみあったまま、出まいとして、の下をくぐって転げる、其奴そいつを追っ懸け追っ懸け
星女郎 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
やがて気がついてみると、二機は互に相手の胴中を噛合かみあったような形になり、引裂かれた黄色い機翼をからませあい、白煙をあげ海面目懸けて墜落してゆくのが見えた。
恐しき通夜 (新字新仮名) / 海野十三(著)
侍女七 はすの糸をつかねましたようですから、わにの牙が、脊筋と鳩尾みずおち噛合かみあいましても、薄紙一重ひとえ透きます内は、血にも肉にも障りません。
海神別荘 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
気短きみじかな馬はとうと噛合かみあひを始めた。