“噛分”の読み方と例文
読み方割合
かみわ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
不思議不思議だ」といつたとてつたが不思議であてにはならぬといふにはあらず、こゝの道理噛分けてさ、この七不思議へや。
神楽坂七不思議 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
「がし叔母が慈母のようにの心を噛分けてくれたら、若し叔母が心をげて共に困厄に安んずる事が出来たら、ほど世に幸福な者は有るまいに」ト思ッて文三屡々嘆息した。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
世間を一向知らない私は前にもいう通りこういうものを書く人は皆世の中のいも甘いも噛分けた中年以上の通人だとばかり漠然と思って、我々同年配の青年の団体とは少しも想像しなかった。